iPhoneXを快適に使うための設定や機能

###Site Name###

iPhoneXを快適に使うために、基本的な設定や、機能はとても大切です。

ちょっとした設定で快適に使いこなすことができます。

まず、iPhoneXを使う上で、アプリをダウンロードしすぎたりしてしまうと、ホーム画面が見づらくなってしまうため、フォルダを使うと便利です。

ホーム画面をアイコンが揺れだすまで長押しし、フォルダに入れたいアプリを重ねると、自動的にフォルダが作成されます。
消す場合には、フォルダ内のアプリを画面が揺れだすまで長押しし、フォルダの外に出します。

iPhoneXには複数のアプリを使いたい場合には、切り替えるマルチタスクという機能がついております。
複数のアプリを使いたいときに、ホームボタンを素早く2回押し切り替えることができるため、いちいちホーム画面に戻りアプリケーションを選び立ち上げる必要がありません。



また、iPhoneXはホームボタンを押しただけではアプリケーションが終了しているわけではなく、バックグラウンドで動作しており、重くなるため、完全に終了させるために、ホームボタンを素早く2回押し、表示されているアプリを長押しするとアプリが揺れて、マイナスが表示されるため、それをタップするとアプリケーションを終了させることができます。


マナーモードの設定は、音量ボタンの上いあるボタンをずらし、赤色の印がみえればマナーモードになり、逆に戻すときには、つまみを戻します。

ホームボタンを長押しすることで音声アシスタントを起動させることができ、やってほしいことを言うだけで実行してくれます。
スマートフォンには二通りの系統があります。



大別するとiPhoneXとそれ以外のスマートフォンの二通りに区分でき、前者はカジュアルに製品を使いたい方に適しています。

反対に後者は自分流に製品をカスタマイズして使いたい玄人に向いています。

ただ、店頭では特に区別される事なく販売されています。

そのため、本当はカジュアルに製品を使いたいスマートフォン初心者が、iPhoneX以外の製品を結果的に誤って購入してしまう事があります。

まだまだスマートフォンは世の中に出てきて日が浅い製品です。
現実問題として携帯電話販売店のスタッフも契約社員やアルバイトスタッフである事が多く、スマートフォンに関する完璧な知識を持っているとは限りません。

そのため、初心者に操作が難しい玄人好みな端末を進めてしまう事があります。
ITに明るくない高齢者や学生、専業主婦の方々は自分の思いを上手く店頭で伝えられませんので、運悪く不勉強なスタッフに方に担当されてしまうと、初心者のニーズとは違う、操作感が難しい他社のスマートフォンを契約させられてしまいます。

もし家族の方が、iPhoneXではないスマートフォンを使いにくそうに触っているのであれば、機種変更を勧めてあげた方が良いでしょう。



携帯電話は一度契約したら二度と変更出来ないものではない、と高齢者や自分の妻、子供に伝えてあげれば、使い勝手が悪いスマートフォンから、初心者に優しいiPhoneXへと乗り換える手続きに入ります。特に数年間、利用し続けて来ているならば、いわゆる違約金が発生する時期を超えている可能性も高く、気持よく最新のiPhoneXへと乗り換えられるでしょう。